セフレ関係を継続させるSEXテク

いくらブサイクなセフレとはいえ毎回こちらのやりたいように自己中なセックスばかりしていると関係が終わってしまうこともある。

時々は愛情を感じさせることで大事にしているというアピールをすることも大事である。

ここではセックスをするときに相手が満足するためのちょっとしたテクニックを紹介する。3回に1回くらいはこういうセックスをした方がキープしやすいので参考にしてほしい。

キスに時間をかける

セックス前のキスが上手いとその後の展開に期待してビショビショになる女は多い。

上手いキスの仕方は最初は軽く唇にふれるくらいの感覚でそっとすることである。

何度か軽めのキスを繰り返した後に舌をゆっくりと絡めていく。

そしてこの時に手は胸ではなく、首筋や背中に触れる。そうすることで女は全身の感度が高まる。

ディープしながら胸を揉むのは童貞のセックスである。

両方の乳首を同時に攻めるテク

乳首を舐められると気持ちいいという女は多い。それは唇と舌で同時に刺激することができるからである。

しかしよほど巨乳な女でもない限り、両乳首を同時に舐めることは出来ない。必ずどちらかは空いてしまう。

せっかく気持ちよくなっても、違うほうの乳首を舐め始めると先に舐めていたほうは冷めてしまう。

たいていは空いている乳首は指を使って刺激すると思うがこのときにちょっとしたテクを使うと両方同時に気持ちよくすることができる。

やり方は簡単で、手のひらを上側に向けて人差指と中指で乳首を挟む。そしてその間から出た乳首に親指の腹を軽く添える。

そうすることで乳首の脇と先端を同時に攻めることができるので女を感じさせることができる。

簡単な方法だが、ほとんどの女はその気持ちよさに驚く。

クリトリスの攻め方

まず知っておきたい知識として、クリトリスは男の亀頭と同じつもりで愛撫する必要があるということ。

つまり強く押したり摘むと痛いのである。しっかり濡れているのを確認してからソフトタッチで攻めることが大事。

また女がオナニーするときはクリトリスを左右に擦りながらする場合が多い。人によっては前後の動きだがほとんどの女は左右の方が気持ちいいのである。

クンニをするときも、仮性包茎と同じだと思えばよい。最初から豆が出ていればそのまま舐めて、出ていなければ最初は皮ごと口に含む。

ザラザラしている場所がGスポットではない

膣口から中指を第二間接まで入れたときに指先に当たるザラザラした部分がGスポットという話を聞いたことがあると思うが、それは少し違う。

Gスポットというのは壁の外側ではなく中にあるのである。つまりザラザラした部分の裏側にある。

なので擦るよりもゆっくりと押す動きの方が相手を感じさせることができる。気持ちよくなるとだんだん膨らんでくる。

手マンは指4本

Gスポットを中指で刺激するだけでもイカせることは可能。しかし確実にイカせるには小指以外の指全てを使って手マンする。

挿入した中指でGスポットを刺激し、人差指と中指でクリトリスを挟み、親指で軽く撫でる。これを続ければたいていの女はイク。

指が上手く使えない場合は、中指1本で中を刺激しながら、口でクリトリスをペロペロすること。これでイカない女は不感症の可能性が高い。

短小男の挿入テク

アソコのサイズに自信のない男は正常位のときに女の足を頭側に持ち上げて挿入する。こうすることで膣口から子宮までの距離が短くなるので奥に届きやすい。

また女の腰の下に枕を敷くとGスポットが刺激されやすい。

バックでも騎乗位でも常に女の背中が(女から見て)後ろ側に反ることを意識すると感じやすくなる。

アフターセックス

セックスが終わったあとのフォローも重要という話は色んなところでされている。

終わった直後は腕枕でも頭を撫でるのでもしばらくは相手と密着していることが大事である。

しかし、それだけではその辺の男と一緒である。腕枕を5分くらいしたら、自分だけ風呂場に行ってぬるま湯で絞ったタオルを持ってくる。

そしてそれで相手のアソコを優しく拭いてあげるのだ。女はこれをされるとめちゃめちゃ気持ちいい。そしてその男とのセックスが気持ちよかったものとして記憶に残る。

そうすることでいつまでもセフレ関係を維持することができるのである。

タイトルとURLをコピーしました