1. トップ
  2. SM調教プレイ

S女が好きなSMプレイの種類

SMプレイ前のS女

SMプレイは何十種類も存在しますしオリジナルのものまで考え出せば無限にあるといえます。

しかし調教を趣味とする人の中でも好みのプレイは様々です。M男として調教されたい場合はS女がどんなSMプレイが好きなのか知っておく必要があります。S女が好きなSMプレイをいくつか紹介します。

言葉責め

人間というのは残酷なもので他人を罵倒しているときに脳の快感回路が反応してしまうのです。つまり誰でも多少は他人にキツい言葉を言いたいという欲望を持っているということです。

特にS女はこの特性が強いのです。罵詈雑言を投げかけたり無理難題な命令を下しM男が困った顔をしているのを見るのが好きなのです。

ただし何を言うべきか思いつかなかったり、考えるのが面倒なため言葉責めが苦手というS女がいることも理解しておきましょう。

スパンキング・ムチ

平手でお尻を叩くスパンキングや鞭で打ちつけるプレイが好きなS女は多いです。肉体的に強いはずの男が悲鳴をあげたり苦しむ姿に興奮するのです。

バラムチの場合はまだ力が分散されますが1本鞭の場合は非力な女性でも強烈な一撃を加えることができます。流血したり痕が残ることもありますから自分がどこまでされてもOKなのかは事前に知らせておきましょう。既婚男性の場合は奥さんにバレる可能性もあります。

ペット・家畜としての調教

M男を犬や豚として扱うプレイです。首輪とリードをつけて散歩させたり芸をさせたりします。

もちろんちゃんと出来なければお仕置きがあります。お菓子などをご褒美のエサとして食べさせることもあります。

足舐め・靴舐め

相手の足に口をつけるというのは自ら最下層の立場であるということを認める行為です。M男にとってはご褒美でしかありませんがS女も男を足元に跪かせ忠誠を誓わせるのが好きです。

ブーツを脱いだばかりの蒸れたストッキングを舐めさせたりヒールごと口の中に突っ込んだりすることもあります。足自体に性感帯が存在する女性も多いですから反応を見ながら気持ちよくさせる舐め方を確認しましょう。

射精管理

射精管理には貞操帯やコックリングを装着させて長期的に射精させないパターンと、プレイ中にイキになってもイクことを禁止するパターンの2種類があります。

後者が好きというS女は多いです。手コキでイク寸前までもっていきそこで射精を禁止しM男が必死で耐えている姿を見るのが好きなのです。

反対にコックリングなどによる日常的な管理に楽しみを見出す人は少数派です。「普段から女王様の許可なく射精しません」といわれても勝手にしろよとしか思わないS女がほとんどです。

射精状況の報告などされてもウザいと思う人もいます。射精管理が好きというよりペニスを虐めるのが好きなS女が多いと思っていたほうが良いです。

女王様のコスプレ

エッチのときにコスプレしてみたいという女性は多いですがS女も同じです。

S女の場合はやはりボンデージやエナメルのロングドレス、ハイカットブーツなどが好きという人が多いです。しかし恥ずかしさもあり自分からは言い出せないこともあります。

なのでM男が準備して着てもらいましょう。もちろん「着ていただく」というスタンスを忘れてはいけません。そのほうがS女としても頼まれたからコスプレしているという大義名分ができます。

調教されるM男の立場としても女王様の衣装を着ているS女に痛めつけられるほうが興奮度が上がります。

【注意】M男がされたいSMプレイはズレていることが多い

S女

掲示板でS女を募集している男性の書き込みを見ていると自分がされたいプレイを書いていることがありますが、S女があまり好まないプレイであることが多いです。
(そもそも掲示板でいきなりS女を募集しても出会えるわけないのですが…今回はそれは置いておきます)

基本的に女性は汚い、臭い、血が出るようなプレイは嫌いな人が多いです。S女だからといってそういったプレイが好きというわけでもありません。

そのため排便や排尿の視姦、切りつけるプレイは嫌いだったり興味ないというS女が多いです。(ペニバンでのアナル責めや自分がオシッコをかけるのは好きという人はけっこういますが…)

カミソリを使った剃毛プレイも面倒臭いうえに傷つける心配もあるため嫌がることが多いです。

また自分が参加できないプレイでも興奮しません。恥ずかしいポーズや遠隔での調教はM男のことをよほど愛おしく思っているでもない限りは興味がわかないのです。

SMクラブやAVに出てくる女王様を見ているとS女もS男と同じようなプレイをしたがっているように見えてしまいますが演技だということを忘れないでください。