1. トップ
  2. M男とS女の基本

ドS女の特徴(外見では判断できません)

ドS女

M男を調教するときに想像を絶する激しいプレイをするドS女の特徴について解説します。

ドS女が日常生活で見せる特徴

基本的に日常生活で見せる性格とエッチのときに見せる性格は異なります。キツそうな性格の女性がベッドの上では甘えん坊だったりドMだったりというのは珍しいことではありません。

そのためエッチのときにドSになる女性を普段の行動から見分けるのは難しいものです。しかし時々それらの性癖が垣間見られることがあります。それを紹介します。

「ドSだよね?」というと否定する

ドS女のサディストな気質が垣間見えたときに「ドSだよね?」というと否定します。本物のドS女にとってはそれを隠しておいたほうが相手を支配しやすいため自分からは認めないのです。

「私、ドSなんだよね」と自分で言うタイプは心の弱さを隠そうとしているだけなのでS女である可能性は低いです。それどころかセックスのようにすべてをさらけ出せる場所ではドMになる可能性があります。

他人を気にしない

ドS女は興味のない他人からどう思われるかを気にしません。そのため他人の意見も上手にスルーします。しかもその方法は一見すると相手に迎合しているようにさえ見えます。

本物のドS女は自分に実害がない限りは他人の意見に反対しないため協調性があるように見えます。しかしそれは単にどうでも良いと思っているからわざわざ反対しないのです。

そして他人を気にしていないということに自分自身が気づいていないことも多いです。反対に「私、他人に興味ないんだよね」と主張するタイプは凄く気にしているのでS女である可能性は低いです。

冷徹な一面がある

ドS女は心の中に冷徹な一面を持っています。そうでなければ調教中に本気でお仕置きなどできません。普段はニコニコと振舞っているので分かりにくいですがときどき冷徹な本性を垣間見せることがあります。

例えば誰かが職場で失敗をして処分を受けた場合などに多くの人は多少の同情をするものです。しかしドS女の場合は「決まりだから仕方ないよね」と冷酷な一言をさり気なく言ったりします。

こういった性格がM男を調教するときにも出てくるためキツめのお仕置きも躊躇なくできます。

「ドS女の特徴」として間違っているもの

多くのサイトで「ドS女の特徴」などが説明されていますがそれらのほとんどが「ドS女=強い女」というイメージのもとにいい加減に書かれたものです。

ドS女

ここではドS女の特徴といわれているけれど実は間違っている内容について紹介します。

ドS女はリーダータイプ・姉御肌ではない

調教プレイの主従関係においてS女は上の立場となります。だからといって日常生活や仕事においても人の上に立ちたいという願望を持っているとは限りません。

「ドS女はリーダシップがある」「姉御肌な性格」と思われがちですが昼間の性格とエッチのときの性格は別と思ってください。

男性の場合でも社長や医師といった職業の人がSMクラブで女王様に調教されることを望んでいることは少なくないことからも理解できると思います。

ドS女は自己主張が強くハッキリした性格ではない

ドS女は自分の考えに自信を持っているので職場などで自己主張が強いと勘違いされることもあります。おそらくSM系のAVの女王様のイメージのまま素人S女もそうだろうと想像してしまうのでしょう。

しかしM男を調教することに喜びを感じることと自己主張したいという願望には何の関係もありません。

ドS女は前髪を作らず額を出す髪形をしているわけではない

「ドS女の特徴」と検索して出てくるサイトの多くに「おでこを出している髪形が好き」と書いてあります。おそらく誰かが最初になんとなく書いたらそれを他のサイトも真似てしまっているのでしょう。

何十年も前の占いや心理学の本に「額を出すのは自分を隠さず堂々としていたいという心理の表れ」と書かれていた影響だと思います。しかし髪型と性格の関連はほとんどないということが分かっていますから髪形でS女を判断することはできません。

髪型と同じく服装や体型からも性格や性癖を判断することは不可能とされています。